カンボジア -Cambodia-

世界遺産アンコールワット遺跡群へ。第2弾は、アンコールトムとタプロームと事件!?

Pocket

 

 

見所、伝えどころが多すぎて1記事にまとめるのが
無理に近い世界遺産のアンコールワット遺跡群。

今回は、謎の遺跡と映画「トゥームレイダー」の舞台になったタプロームへ。
しかし、途中事件が発生して大変な目に…。

 

 

・往復26kmの事件を乗り越えタプロームへ。
 顔の遺跡バイヨンを後にしてまたママチャリで次の遺跡へ。


次の遺跡はこんな謎の遺跡。
よーみたらこれ象のテラスっていうやつみたい。壁画にもゾウが!!他にもこんなよくわからん生き物が壁に。よくわからんが昔の人が作った神様かなんかやろうー。ここ上に登れてこんな風になってる。その先にも遺跡みたいなのがあって進んでみた。奥の方にコーケー遺跡みたいなピラミッド型の遺跡。

関連記事:天空の城ラピュタの世界へ。ベンメリア宮殿で衝撃の数々!!

 

ここは崩壊が激しくて完全に登れんようになっとったー!

まあ登れるようになっとったとしても、
この時若干熱中症みたいになって体調よくなかったけん登ってないけど。横には昔からある池。
ここもめっちゃ広くてもっと他にも見るところありそうやったけど、
歩くのしんどいのとよくわからんかったけん行かんやった。笑

とりあえずこの象のテラスが有名っぽいけん見終わって
ちょいと休憩しよる時に地図見て気づいたけど…

 


この広ーーーい敷地全体を
アンコールトムっていうみたい!笑

南大門

やけん、南大門がアンコールトムの入り口!
やけん、バイヨンもアンコールトムの1つってことやった!

 

 

何もしらんやったーーーー笑

 

 

かに、休憩終わったあとタプロームに行こうとしたらまた門があったし!これは、勝利の門らしい!
まあこれに気づけただけでも十分としてタプロームへ。

 

 

20分ぐらいかかってやっと「トゥームレイダー」の舞台になった

また顔や。笑

タプロームについた!

 

 

が、しかしここで…

 

 

意気揚々と先に進んで写真撮ろうと思ったら
事件が起きた!!!!

 

 

 

画面に突然書き込み禁止とか出て写真撮れんくなった…。
(SDカードが不具合起こしてるんやろうなーとは思った。)

 

 

何しても直らん…。

 

 

予備の電池はいつも持っとるけど、
予備のSDカードは持ってきてなかった…。

 

 

 

最悪やーーー!

 

 

 

相棒のカメラは使えず、そのままiPhoneのカメラでタプロームの写真撮りよったけど

 

こんな写真じゃダメや…

 

と思って宿まで戻ってSDカード取りに戻ろうかって考えた。
現在12時40分。
遺跡の閉館は17時30分。

 

 

残り5時間もない…。
地図見たらタプロームから宿までめっちゃ離れとる…。

 

 

けど、俺はどうしても自分のカメラにタプロームを収めてブログにアップしたい。
その思いのみ…。

 

 

仮にここから宿まで戻るのに片道1時間として往復2時間。
タプロームの写真撮影に1時間かかるとしても間に合う!!

 

そう思って全速力でママチャリ漕いで宿まで戻ることに!
ただママチャリきつい。
なんか全然進まん…。

 

 

マウンテンバイクの奴らに軽く抜かれる。笑
途中
「いつになったら着くんや!間に合うんか!」
とか思ったけど、
そんなネガティブなことは考えずひたすら漕いで1時間で宿まで戻れた!部屋で写真撮れるか確認!!
よし、大丈夫!確認大事!笑

 

正直行きだけでもしんどくてきつくて足が崩壊しそうで、
もうお金払ってマウンテンバイクに交換してもらうか、
チャリ返してトゥクトゥクのおっちゃんにタプロームまで連れて行ってもらうか考えたけど…

 

これも旅の試練。神が俺に与えた試練・挑戦と考えて…

 

 

またママチャリで戻ることに!!笑

 

 

いろんなこと考えながら宿に戻りよった。笑
ただ根性だけじゃどうにもならんと思って、
宿近くのスーパーで0,5ドルのレッドブル買って全回復して
またダッシュでタプロームへ!

 

 

ママチャリで爆走!!笑

 

 

 

途中雨降ったり何回も足が止まりそうになったり自分に負けそう、
メンタルやばくなりそうやったけど止まらず漕ぎ続けた。

 


サッカーで鍛えた俺の太もも、
ハムストリングを信じて!笑

 

 

そして、1時間ぐらいでやっと着いた!!
この時、15時20分ぐらい。入り口は、何ヶ所かあるみたいで最初とは別のところから。
間に合ったことに安心したけど、すぐにタプロームへ。何もない道を超えて。ちょっとした遺跡も。苔も。で、すぐに遺跡と巨大な樹木が見えた!
遺跡が小さいわけじゃないのに後ろの木が…。こっからもすげーよ。右にある巨大樹木。

 

ここから進んですぐのところに…キターーーーー!

これやろ!?
トゥームレイダーのメイン舞台!ばりデケェーーー!
すげぇーーー!

 

 

そして、なんかキモいーーーー!!笑

樹木が遺跡に襲いかかりよるみたいやった!ここもラピュタみたいな世界観で遺跡が崩れたりしとった。中にもばりでかい樹木が遺跡に覆いかぶさったりしとった。

まじすごいよ。遺跡だけじゃなくて樹木と融合して神秘的な世界に感じた。人間の何倍もの大きさの樹木。
太いし、生命力半端ない。この遺跡も中に入れたけど、暗いしどこがどこかわからん迷路状態やった。地図見ても全くわからん。笑景色がずっとこんなんやけん。自然の力、樹木の力で遺跡が崩壊するんやないって思うぐらいの迫力。とにかくタプロームよかった。本当にすごいの一言しか出らんやった。
カメラ撮ることに集中しすぎて、あとあともっとタプロームをゆっくり見て
満喫すればよかったって思った…。笑

 

 

今回、SDカードが壊れて予備を取りに宿まで往復2時間
(調べたらタプロームから宿まで往復26kmもあった…。笑)
かけて戻るっていうミスを犯したけど、

 

俺は逆にいい学び、よかったって思った。

 

 

 

なんでかって言ったら、

 

結局人はミスや失敗からしか学ばない、次に活かさないから。

 

 

今回SDカードの予備を日頃から持ってなかったけんこんなタイムロス、失敗した。
やけん、次から予備の充電だけじゃなくてSDカードが壊れて写真撮れんくなるな。
って分かったけん

次からはちゃんとSDカードを持って行くことにする!!

 

超ポジティブ、前向き思考人間なんで!笑

 

 

まあママチャリで26kmの往復はガチできつかったけどね。笑

 

 

次回:この日昼飯を食べる余裕もなかった俺が世界一安いかもしれない
韓国料理のサムギョプサルの店に行って大食いした店の紹介をします!!

お楽しみに!(^○^)

 

 

 

・カンボジアでの気づき、思ったこと


タプロームは、予想以上にラピュタの世界、神秘的な世界。
・木と自然の力はとんでもない
ママチャリで長距離は地獄。笑
・アンコールワット遺跡群のチケットは1ヶ所だけでしか買えない。絶対に本人が行く必要がある
小学生ぐらいの女の子がバイクに乗ってた。その後ろには、さらに小さい子供も。

 

 

 

・今日のひとこと


ミスや失敗した時にどういう風に考えるか重要

 

 

 

・この日歩いた距離、歩数


歩いた距離:10.6km
歩数       :16,604歩

 

 

 

 

・アンコールトム、タプロームの詳細地図


 

アンコールトム

 
 
 
 
タプローム
 
 
 

 

 
 
 
 

 

・世界一周バナー


 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑

世界一周ブログランキングに参加してます!
上の世界一周バナーを1日1回押してしていただけると、ブログランキングが上がります。

ランキング1位を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします!!(^○^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でつるりんをフォローしよう!

Pocket

関連記事

  1. カンボジア -Cambodia-

    シェムリアップにある3つのスーパーに潜入捜査!衝撃の値段の商品にも遭遇!?

    カンボジアのシェムリアップに来て物価が安くていい心地最高だけど、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




掲載企業

最新記事をメールでお知らせ!!

メールアドレスを入力してポチッと押せば、最新記事をいち早くお知らせします(^○^)【うざくなったら、いつでも解除できるけん心配なさらず!!!!!!!】

全カテゴリー

まず読んでほしい記事!

アーカイブ

  1. ニカラグア -Nicaragua-

    レオン観光してたらニカラグア人はあの爬虫類を食べることが判明…
  2. パナマ -Panama-

    キレ気味。念願のパナマ運河に行くもまさかの展開が待っていた…
  3. スペイン -Spain-

    芸術の街バルセロナからオレンジの街バレンシアに移動ーー!
  4. エストニア -Estonia-

    まるで豪華客船!!タリンからヘルシンキの船内の様子を大公開!
  5. ポーランド -Poland-

    毎週日曜日は無料!?ワルシャワでオススメの博物館を巡って多くを学ぶ。
PAGE TOP