鶴澤 昂 -Takashi Tsurusawa-

つるりんって何者??

Pocket

 

 

こんにちは。初めまして!!
世界一周することを決めて、当ブログを開設、運営していくことにした、つるりん(@tsururin1203)です。

 

まず最初の記事として、つるりんがどんな人間でこれまでどんな人生を送ってきたのか記事に晒し出してみたので是非読んでみてください。

 

 つるりんのこれまでの人生

 

・簡単な経歴

名前:鶴澤  昂 (つるさわ  たかし)

生年月日:1990年(平成2年)12月3日佐賀県生まれ

今は、福岡県に在住。

血液型:A型 星座:いて座

身長:169.5cm 体重:63kgぐらい 利き手:右手 

家族構成:父、母。兄、妹の3人兄弟。

 

好きなこと:サッカー温泉サウナ
サウナ大好きで将来は自分の家にサウナ作りたいぐらい。バカか。

趣味:海外ドラマを見ること。
海外ドラマを一度も見たことない人は、まずプリズンブレイク見てみて。とりあえず入門編として。

英語力:中学生レベル。いや、それ以下に近い…ほぼしゃべれません。笑

 

・幼少期〜小学生。元気一杯の少年、ある夢に出会うの巻

佐賀県という田舎で生まれました。田んぼだらけ。

幼少期のぼくは、家族で買い物などに行くと1人で勝手に動き回って両親をこまらせる

そこで両親は、首に鈴をつけて迷子になってもすぐに見つけられるようにしていた模様。牛やん。
(迷子になっても泣かないからなおさら見つけにくかったらしい。笑)

 

小学2年生の途中に福岡県に引っ越す。 

引っ越してすぐクラスの友達とも仲良くなり、とにかく元気が取り柄の少年。

小学4年生になった時、兄と兄の友達と学校のグラウンドでサッカーをして、ここでサッカーの楽しさを知り地元のサッカー少年団に入団

 

正直言うと、サッカーをやる前はサッカーに全く興味などなく、「サッカーなんか絶対やらんし。」とまで親に言ってた。

 

今思えば、子供の発言なんかすぐに変わるけんなー。

ある時は、ケーキ屋になる。花屋になる。ウルトラマンになる。幼稚園の先生と結婚する。とやりたいことしたいことに素直だった。

 

正直大人になって色々と現実をみて社会をみて、周りの目を気にしたり、自分のやりたいことに素直になれなくなってる人が多いように感じる。


だからこそ、子供のころの世の中のことを知らない素直で純粋な気持ちってめちゃくちゃ大事だと思う。

 


そしてこのころのつるりんは、とにかく元気に動き回っていて休み時間になれば、
友達と外に出てドッヂボール・おにごっこをして、学校が終わればサッカーの練習に行っていた。

他にも、学校が始まる前に早起きして、友達と早く学校に行って遊んでた。

 

ただ、この時サッカーだけをしていたわけではない…。

 

 

月・金曜は学習塾、火・木・土曜はサッカーの練習、水曜は書道教室と習い事に明け暮れる毎日だった。
(日曜は、基本的にサッカーの試合)

書道教室は、俺の字が汚いということで親が強制的に行かせていた。
書道自体は、嫌いじゃなかったから別に何も思わなかった。

唯一残っていた書道作品。名前下手くそすぎーーー笑

塾の方は、なんで行かされてたのか謎です。(そんなに馬鹿じゃなかったんですけどね…。)
まあおそらく、頭良くなっていい学校に行っていい会社に入って安定した生活を送って欲しいとかいう考えじゃないですかねー。

 

サッカーに関しては、最初はそんなにやる気なんかなかったけど、面白いことに気づいてサッカーを始めて1年経った時ぐらいから将来の夢はプロサッカー選手になることに決まっていた。

 

小学校の卒業文集です。汚い字ですいません。(笑) これでも、書道習ってました…。

 題名「自分を信じる」とかカッコつけすぎやろ。

 

小学校はサッカーに出会い将来の夢まで見つけ無事卒業。

 

 

 

福岡市立平尾中学校に入学。人生初体験の居眠り…

小4で始めたサッカーでプロサッカー選手になるという夢を抱いていたのでサッカー部に入部。

 

入学当初の身長は、148cmしかなく大人用のゴールの大きさに衝撃を受ける…。
(実は、GK=ゴールキーパーです。)

 

1,2年の間は、フィールドプレイヤーとGKを兼用でやりながらサッカーに明け暮れる毎日を送っていた。

 

先輩が卒業してからはGKのみに集中し、キャプテンにもなりチームのまとめ役になる

 

ここのサッカー部は、毎年中央区の大会で優勝できる力のある中学校でした。
中3最後の大会中体連では、区大会の決勝まで勝ち進む!!

 

前後半じゃ決着がつかずPK戦に突入!!両チーム4人目まで順調に決め、最後相手チームの5人目のシュートを止め見事優勝!!

 

区大会を優勝し、その後打ち上げがありキャプテンとして一言をお願いされ言ったセリフがこちら

つるりん
俺にとって区大会優勝は通過点やと思っとる。やけん、市大会も気合い入れて頑張ろう!

通過点とかカッコつけすぎやろ、アホや、ただのかっこつけや笑

 

そして、市大会に気合を入れて初戦に挑む。

 

 

が、しかし!!!!

 

 


0−5の大敗に終わる…。

 

ボロ負けで歯が立たなかった印象しか残ってない…。もはや、涙すら出なかった。

 

とりあえずサッカー馬鹿にはなりたくなかったので、勉強もサッカー同様に真面目にやってました。

 

しかし、授業中も真面目に過ごしていたつるりんが唯一やってしまった

 

最大のミスが起きる。

 

中3の授業参観の時。


たくさんの保護者がいる中、(もちろん親もいました。)

窓際の席に座っていたつるりんは不覚にも中学生活初の居眠りをしてしまう…。笑
(おい、なぜ授業参観の日に寝るんだおれ…)

 

当たり前のことながら家に帰ったあと、親に怒られた。笑

 

そんなこんなで、サッカー部を引退したあとは本気で受験勉強を開始。 


サッカーで培った集中力を生かして毎日必死に勉強に励む。
そして、なんとか高校受験は地元の公立高校に見事合格

 

サッカーが、強いとは言えない高校ですがその高校に行くことを決める。

 

 

福岡県立柏陵高等学校に入学。サッカー弱小校で必死にもがく毎日


入学した当初、クラスにはほとんど知ってる人がいませんでした。

 

この当時は、人見知りということもありなかなか周りの人と仲良くできず、休み時間はいつも本を読んで過ごしてました。

 

ただ、文化祭などがあり少しずつみんなと話せるようになった。


そして、学生生活を楽しく過ごしていた時 

三者面談で先生から衝撃の言葉が!!

 

先生
ある生徒が言って来たんですが、鶴澤君が〇〇君をいじめているという話を聞いたんですがそれ本当?? 

 

つるりん
え?笑(親は固まる…。) そんなことないですよ!俺は、〇〇君とは仲良くやってるつもりです!
 

先生
まあ、そこは〇〇君がどう捉えとるか分からんけど、ある生徒にはそういう風に写ってるように見えたけん気をつけて。 

 

つるりん
はい、わかりました。(訳が分からんどういうことや…。)

 

 

いやだけどもしかしたら、自分は楽しくてやっていたことが相手にとったら嫌で周りのある1人の人からしたら自分がやっていたことがいじめてるように見えたのかもしれない…。気をつけよう。と心の中で思った。 

 

 

その後、〇〇君とはいつも通り楽しく学生生活を過ごしてます。

つるりんは決していじめっ子ではありません!!笑

 

肝心のサッカーの方は、高校の入学前に遊びでやっていたサッカーで足首を捻挫してしてしまって、サッカー部に正式に入部したのが入学してから2ヶ月後。

 

治ってからは、中学時代同様プロになるためにサッカーの練習に明け暮れていた。


ただ、残念ながら身長の方はGKなのに169cmで止まってしまった…。
自分としては身長が低くて不利かもしれないが親からもらったこの身体に感謝していたので逆に、

 

 

 

つるりん
この身長でプロになったら絶対話題になる!!それに、身長が低いからという理由で好きなGKを諦めてしまってるちびっ子たちのためにも俺はプロになるのを諦めない。

 

と、まあとにかくポジティブに考えそんな思いでこの頃からサッカーに取り組んでた。

 

 

そういえば高校サッカーの思い出といえば、高2の夏、アホみたいにグラウンドを走らされたのは今でも忘れません。

 

制限時間内に全員ゴールしないと、一生終われない地獄の走り…。

 

GKということもありあまり持久力に自信がなかったけど、死ぬ気で走って、走るのが苦手な同級生の背中を押しながら走ったのは今でも忘れません。笑
あの走りがあったからこそ、これから先待ち構えてる走りにも耐えれる忍耐力がついたと思う。

 

そして、自分の高校のサッカー部は、強くなかったので自分の中での目標を設定しました。

 

目標は、県大会出場!!

 

しかし残念なことに県大会に行くなんか到底無理に近いレベルだったのであっけなく高校最後の試合に負け、つるりんの高校サッカーは終わりました。
1回戦勝つのもギリギリだった高校だったので県大会自体が夢のまた夢の話やった。

3年間共にサッカーした同級生。


中学の時同様に、サッカー馬鹿にはなりたくなかったので高校に入ってからも一応勉強もまじめにやってたよ。

 

やけど勉強もしたけど、居眠りもよくしてた。笑

というか、なぜ高校の時はあんなにも眠くなるのか…。
特に授業中…。

 

みなさんも高校の授業中が1番眠くなかったですか!?!?笑
(自分だけなんかな…。)

 

そして、高校卒業後の進路を決めないといけない時期になる。

 

元々中学の時から地元の福岡大学が全国でもトップクラスにサッカーが強いことを知っていたのでそこに行こうとしてました。

 

が、しかし!!

 

ある時、サッカーの雑誌を見ていたら日本に1つしかないサッカーの専門学校が新潟にあることを知る。

これにより大学or専門学校のどっちに行くか悩みだす。

 結果、専門学校に行くことを決断する。

 

なぜ、専門学校に行くことを決めたのか。

 

それはこの当時、大学のイメージが

 

サークルでenjoy。
バイト三昧。
単位をとるためだけに授業を受ける。
なにを勉強しとるか分からんけど授業にでる。
飲み会オンパレード。
大学で勉強したことが何も生かされず、就職するかもしれないし
 4年間なんとなく
過ごすのは時間がもったいない。

そう思ってました。

 

 

それなら!!

 

 

つるりん
知り合いが1人もいない、サッカーだけしかやることがない環境に行って、3年間過ごしプロサッカー選手になろう。 

 

その後、試験を受けに大阪まで父と行き面接試験を受け見事、JAPANサッカーカレッジに行くことが決まる。

 

話は変わりますが、

高校生の時に行った旅行といえば、

 

・高校2年の冬休み前に横浜までクラブW杯を見にいった。この時、浦和レッズが初めて世界3位になり初めて生でACミランの試合を見た。(東京についてからは、一緒に試合を見る予定だった宮崎県の高校に通う友達と合流)


てか、この時のミランのメンバーを調べたら衝撃やった…。


ジーダ、マルディーニ、ネスタ、カラーゼ、ガットゥーゾ、インザーギ、セードルフ、カカ、ピルロ、カフー、ジラルディーノ、アンブロジーニ、エメルソン、監督アンチェロッティ…。サッカーファンならわかってくれるはずこのメンバーが日本にきて試合をしていたという事実に。笑

 

 

メンバーヤバすぎぃぃぃぃぃ!!!!!!! 

 

 

もうね、カカのドリブルが早くてすごかった印象しか残ってない!!あとは、ボカジュニアーズのサポーターが激しかったこと!!それのみ。笑

 

この時が人生初めての一人飛行機

 

 あとは、

・高校の卒業旅行でクラスの友達と別府まで温泉旅行に行ったぐらいですね。

 
この時、サッカーのことしか頭になかったので色々な所に旅行に行きたい、
旅に出たいという思いは全然なかった。

 

 

JAPANサッカーカレッジに入学。3年間同じ時期に見舞われる不幸との戦い

この学校には、当時6つのカテゴリーがあり
最初に試合形式のゲームで力をみて1年目のチームが決まる。

まあ、俺は下手くそやったんで1番下のチームからスタート

 

そして、1年目のチームが決まり初日の練習(新潟に来てまだ1週間)

 

ここでまさかの事件発生!

 

人工芝に足が引っかかり聞いたこともない音が足首から鳴りその場に倒れる。
病院にすぐに行き、検査してもらうとまさかの診断結果が…。

 

 

左足首骨折…。
(人生初の骨折…。)

 

親に申し訳ない気持ちになりながらも連絡し新潟に1人でいても何もできないので福岡に強制送還…。

福岡の病院でもう一度詳しく検査してもらい主治医の先生との話で手術するかメスを入れず治すかのどっちにするかと聞かれぼくは、早く復帰したいから手術する方を選んだ。

そして手術をした後、麻酔から目を覚まして衝撃の言葉を耳にする。

 

ドクター
メスいれて良かったね。足首開いてみたら靭帯も完全に切れてたから急遽そこの治療もしたよ。それと、復帰するまでは6ヶ月はかかるかな。

 

つるりん
あ、ほんとですか?それなら良かったです。ありがとうがざいます。心の声「いやいや待てよ、これ俺が手術する方選んでなかったらどうなってたんだよ…。笑」 

まあとりあえず、手術は成功しここからは毎日リハビリ生活。
足首にはあまり体重をかけれないから、全身の肉体改造に励む!!

 

高校生のころ筋トレなど全くやっていなかったので、病院にいるトレーナーの指示に従いベンチプレス、ラットプルダウン、ダンベルを使い腕・肩周りのトレーニング、足首が良くなってきたら足回りの筋トレもやり、体幹トレーニングをやったりしていた。

 

 

未だに思い出すのが、ベンチプレスをやったあとにすぐ腕立て伏せをやるトレーニングの時きつすぎて涙を流しながら腕立て伏せやったのは今でも忘れられない…。笑

 

 

最高にきつくてやばかったぜーーーーーー!!

 

この時自分では、全く気づかなかったけど新潟に戻る前の8月ごろにトレーナーに言われた言葉が嬉しかった。

 

トレーナーM

そういえば、鶴澤くん筋トレ始めて4ヶ月経つけど後ろ姿めちゃくちゃゴツくなったね!!真面目にリハビリして、涙流しながら筋トレやったおかげやね。笑

 

つるりん
え?ほんとですか?自分で全く気づかなかったんでめちゃくちゃ嬉しいです!! 

 


まじ全身のbefore、afterの写真撮っとけばよかったと今さら後悔…。笑
確かに、この時ぐらいから半袖の練習着などがピチピチになってた記憶がある。

 

この怪我を乗り越え新潟に戻って遅れた分を取り戻すべく猛練習に励んでなんとか1年目の新潟生活が終わる。

 

 

専門学校2年目。(チームは上から4番目のチームに所属

ガラケーのため画質悪いです。見づらいかと思いますが、ご了承を。髪多すぎーーー。

4月、新入生の力を見るために自分たちのチームと試合をすることになり、試合が始まる。

試合中味方の反則で新入生にPKを与えてしまう。

 

ここでGKつるりんの出番!!

 

 

つるりん
よっしゃー、ここは俺のアピールの場でもあるわー!!絶対止めてやる!!

 

 

しかしーーーーー

 

 

 

ここでまさかの事件発生!!

 

 

 

見事PKを止めるも、その時に右膝が変な動きをしてしまい倒れる…。

 

病院に行き、検査してもらうと

 

ドクター
詳しい検査してないけんはっきりしてないけど前十字靭帯断裂しとるかもしれん。

つるりん
 …。(前十字靭帯は断裂すると基本的に1年間のリハビリ生活になります)

 

ただ信じられなくて、他の病院に行ったところ前十字靭帯は大丈夫と言われ安心するが、

 

そこからリハビリをし、まともに練習に参加できたのは3ヶ月後…

 

復帰してから、練習に練習を重ね徐々に認められたのか上から2番目のチームに行くことになる!!

 

あ、それと今まで福岡でしか冬を過ごしたことがないぼくが新潟に来て衝撃を受けたことがある。
テレビなどでも新潟の冬は雪がすごいとは聞いてたけど予想以上にやばかった

 

朝起きるとこんなことになってるよ。笑

自転車がこのありさま。笑

画質悪いですが…。朝起きたらいきなりこの雪!!

 

冬は、このように雪の影響で外での練習が出来なくなるので雪のない県外遠征に行くことになります。

 

 

今年の県外遠征は静岡県に決まる。

 

新潟からバスで出発して1日目は移動もあり軽く体を動かし練習を終える。

 

2日目の夕方から地元の高校と試合!!

 

ここで

 

 

まさかの事件発生!!!笑

 

 

 

 

相手の足が自分の鼻に当たってしまい大量出血

 

が大量に出ていたので、手で受け皿を作るも一向に血は止まらずGKグローブが血の海となる…。

 

 

 

 

すぐ病院へ行き検査の結果。

 

 

 

鼻骨骨折…。

 

ここで

ドクター
ここにいてもやれることはないから新潟に帰りなさい。

と言われ、新潟に強制的に帰らされることになる。

 

たび重なる毎年同じ時期の怪我にメンタル崩壊…。
人生のどん底を味わう…。
サッカーに対するやる気が失せ2週間ほど死んだような毎日を過ごす

 

何をやるにしてもやる気が全く起きない。
練習にもいかず、誰にも会いたくないから家に引きこもる。

 

あの2週間ほどの間何をして毎日過ごしていたのか未だに思い出せません…。
(一度だけカウンセリングみたいなものを受けました。)

 

しかし、時間が経つと徐々にサッカーがやりたくなりその後復活し、チームにも合流し試合にも出続けチームのためプロになるため練習を続け

 

なんとか専門学校最後の3年目を戦い切る。


ここで、無事3年間の新潟生活が終わる。

 

この新潟での3年間でぼくは、たくさんの怪我を経験し辛い出来事・ネガティブになってしまった時の解決策として学んだことは時間が全てを解決してくれるということ。

そして、サッカーしかできない環境(ばりど田舎でした。学校がある地域は。)に来たことで怪我した時や自分に負けそうな時に、周りに遊ぶ場所がないことや簡単には地元に帰れない距離にいることで、無理やりサッカーしかないという状況にしたことがよかった。

遊ぶ友達や誘惑があると人は楽な方、楽しい方にすぐ方向転換して夢や目標を捨ててしまう。

ただこの時のぼくは、本気でサッカーでプロになりたいその思いが人以上に強かったために大きな怪我や試合で泣きたくなるようなミスをしてもまたサッカーに打ち込み自分の夢を叶えるために頑張れたんだと思う。

要するに、夢や目標を叶えたくてもすぐ誘惑に負けそうな人は、まず環境を変えるということに取り組むべき。

 

FC今治に選手として入団。アマチュアサッカーを経験し、メンタルを鍛える 

新潟時代のGKコーチのすすめで愛媛県今治市にある四国リーグ所属のFC今治というチームのセレクションを受け無事合格。

 

アマチュアのチームだったということもあり、サッカーでもらえるお金はほとんどなく生活するには、

 

自分で仕事を探すorチームが斡旋してくれる職場で働くかのどちらかだった。

 

悩んだあげく、自分で仕事を探して
全国チェーンでもある回転寿司のス○ローにバイトとして働き始めた。

 

1年目のバイトは、夕方からだけにして
そこまでお金を稼がず最低限の暮らしをした。

 

午前中(9時〜11時30分)は練習、夕方(16時〜21時30分)からバイトという生活を送っていた。

 

働き始めは、仕事のスピードに全く慣れず
どうやったら効率良くムダなく働けるか考えながら働いていた。
年上とかのプライドを捨てて年下の先輩に敬語でどうやったら寿司が早く流せるのか聞いたりもしていた。

 

(ここだけの話、きつすぎて夢の中でも寿司流してた。


あっという間の今治1年目が終わり、今治での生活が2年目を迎える。

これまで原付だけで移動していたけど、雨や台風など天気の悪い日がつらくて車を買うために仕事の時間を増やした。
今治は、福岡ほど都会でもないので交通の面でも不便なところがあった…。

 

ただ仕事の時間を増やしたことによる地獄が始まる…。

 

練習の時間自体は変わらず、1年目の時から自主練はしていたので11時30分まで練習。

 

その後、13時〜23時30分までバイト…。(たまに、14時からもあった。)

 

この生活を、週6でやっていた。


もちろん自分の時間などほぼゼロになるが自分を追い込む。
サッカーの練習自体は、月曜日が休みやったけど、あえてバイトを入れて1日完全な休みをなくしていつでも緊張感を持って過ごしていた。

 

ただ、追い込みすぎて自分に負けそうな時もあった
1回でも遊んだりしてしまったら、自分より上手い人に負ける、遅れをとってしまう、試合に出るチャンスを逃してしまう。
そんな考えがあって最初の2年間は愛媛で遊んだ記憶がない…。


ただ、そんな時いつも元気をもらっていた動画があるので紹介しときます。
(へこんだ時、元気が出ない時、やる気が出ない時こそおすすめです。)

 

 

毎日サッカーも全力、仕事も全力で頑張りついに車購入。

初めてのマイカー!めっちゃ嬉しかった!

だけど、これが将来自分にとって浪費であるとまだ気付いてなかった。

サッカーの話に戻ります。

 

FC今治はアマチュアのチームで
J1が1部だとすると4部のチームだった。

途中J3ができて勝手に5部扱いになる。

 

ここでプロを目指しながら死にものぐるいで練習に励むが、試合にはなかなか出れず公式戦に出れたのは、

 

2年間で約180分…。

 

結局自分が所属してる間は、
上のカテゴリーにチームをあげることもチームの力にもなれず。

 

平成25年12月チームから戦力外通告を受けFC今治を辞める。

 

そして、つるりんはプロサッカー選手になる夢を諦め、サッカーも同時に引退することを決断

 


一時福岡に帰り就職活動をする。

 

が、自分のやりたいこともはっきりしてないのに就職活動をしても自分が何をやってるのか分からなくなりこれからどうするか色々悩んでいているとある思いが…

 

「サッカーを辞めてやりたいことも大してないなら今しかできことやろう!独身じゃないとできないこと・若くて無茶できること・自分の好きなこと」

 

そんなことを考えて出た答えが…….

 

 

「よし、日本一周しよう!!」(旅行が好きだったので思いついたんだと思う。)

 

 

計画を立て始め考えた旅のテーマが、

 

【47都道府県全てのグルメを食べ全国にいる友達に会い、全国の有名な観光名所全てまわる】

 

この時地元福岡に帰っていたので、両親に自分の思いを話してみると、

 

別にいいんやないん?20歳も超えて大人なんやけん昂のやりたいことやればいい。

あんた馬鹿じゃないと?それ就職することから逃げとるだけやろ!!

 

自分で作成した資料も用意し説得したが母親に反対される。

なぜか罵倒される!!!!!


しかし、つるりんには母親の言うことの意味が理解できなかった

 

ただ、親に反対されたぐらいで諦めるわけもなく今治に帰り日本一周するための資金を集めるためにバイトの毎日に明け暮れる。

 

しかし、ここで運命の出会いをし日本一周より彼女と遊ぶことを優先してしまう。笑

 

簡単に日本一周という目標を諦める…。←おい、何やってんねん!!

 

サッカーをやっていた時のバイト先で
サッカーを辞めた後も働き続け今治生活3年目が終わる。

 

いつまでもバイトじゃダメだと思ってハローワークに行ったりして就職、将来のことを考え始める。(彼女とのこともあるし年齢的にも結婚を考え始める。)

 

これからどうするか悩む。

 

しかし、自分のやりたいことってなんだ?やりたい仕事ってなんだ?

 

何も答えが出ないまま時間だけが過ぎていった。(今思えばマジでもったいない時間の使い方…。)

 

すると、あるスーパーで買い物していた時に、FC今治でコーチをしていた人に出会い急展開で就職先が決まる。

 

 

・NPO法人今治しまなみスポーツクラブに入社。今までとは真逆のスポーツの裏側を知る。

勤務先は公園の管理人。
(主に、野球場の整地・グラウンドの整地・・公園全体の管理・ゴミ拾い・)

 

今までサッカーしか知らないつるりんが真逆のスポーツ、野球場のグラウンド整地に挑戦

 

 ただ、これがなかなか難しい。

 

グラウンドの土の高さを水平に合わせないといけない、そこを判断するのは自分の目だけ

 

グラウンドがガタガタだとイレギュラーが起きてしまって利用者に迷惑をかける事になってしまう。(高校野球の県予選や四国アイランドリーグの試合をする球場でした。)

 

毎日一生懸命働くが残念な事に、2年間働くもグラウンドの高い低いが自分の目では分からず。

上司に指示されるままに仕事をしていていつも迷惑ばかりかけていた。

 

その中でも仕事をしていて自分の中できつかったのが

 

『やりがい』

 

を見つけるのが難しくて1年働いたあとにこのままずっと働くのは無理だなと思い始めた。

 

 

 

そして2年目の夏頃、

 

人生の転機とも言える屋久島トレッキングの旅に出る。

 

日本とは思えない大自然に圧倒された
トレッキングのシューズも道具も何も揃えずノリとテンションだけで屋久島に行った。

 

行った人ならわかると思うが、屋久島は離島ということもあり行くのに多少お金はかかるが、かかったお金以上の経験を得ることができる場所だと思う。
登山に近いからしんどい思いもする。だけど、目的を達成した時の爽快感は半端じゃない。

 

だからぼくとしては、一生に一度は行ってみてほしい所としてたくさんの人に勧めたい!!

 

 

そして、屋久島での最高の旅を終えテンション高く今治に帰る。

 

 

しかし、その数週間後、

 

 

 

 


たび重なる自分の自由気ままな性格により付き合っていた彼女に振られる。笑

 

メンタル崩壊していたつるりんだが、時間の経過と共になんとか立て直す。結局時間が全てを解決してくれる。

 

そして、これからどうするか考えた時に

 

とりあえず

 

  1. 今の仕事は辞める。(なぜなら、先ほども言ったがやりがいを感じれなかったから。) 
  2. 地元の福岡に帰る。(なぜなら、彼女のために今治に残っていたから。) 

 

この2つだけを考えた。

 

ただ、ある時仕事を辞めるならせっかくやけん就職する前にやろうとしていた

 

【47都道府県全てのグルメを食べ全国にいる友達に会い、全国の有名な観光名所全てまわる】

 

をやってやろうと考えた。

 

また1から調べ楽しくやっていたが、すぐにこの考えが変わり

 

・今しかできないこと
若い時にしかできないこと
・面白いこと
・独身だからできること
・好きなこと
・自分の周りの人がやってないこと
・無茶なこと

 

などを考えるうちに

 

日本一周が微妙に思い始めて…
もっとやばいことないかな。
もっと普通の人が思いつかないことないかな。

 

色々考えてでた答えが、

 

よし、世界一周してやろう!!

 

 ここからは仕事が終われば、

 

世界の国について調べる。
どのルートで行くか考える。
どんなものを持っていけばいいのか調べる。
ビザってなに?笑
海外で病気になったらどうするん?
パスポートっていくらだ?(5年用、10年用があるのは知っていた。)

 

もう知らないことばっかり。


とにかくネットと本を買って情報を集めまくった。

 

youtubeでも情報収集する事にしたぼくは、ある動画を見つけさらに世界一周に行く事が楽しみになった!!
その動画がこちら!!

とにかく海外のリアルな様子が映像として残され自分としては面白かったし、ためになった。

 

そして、ある時、ここである人物と話をするようになってつるりんの人生が変わる
詳細はこちら

 

彼に出会ったことで、このブログを開設でき素晴らしい情報を知ることができ、自分の考え方を変えるができた。

 

やりたいことをやるのは楽しいかもしれないけど、どこかしらに苦労や大変な思いをすることはある。

 

今までの人生でもたくさん苦労や体験はあったけど、なに1つムダなことなんてないことに気付かされた。

 

彼に出会ったことで多くのことを学んだ。俺自身の考え方がめちゃくちゃ変わった。
人が変わったように変わった。

 

・NPO法人今治しまなみスポーツクラブを退職。そして、今を全力で生きる

この職場に来て仕事内容に納得できないというかやりがいを感じれず辞めましたが、ここで一緒に働けたみんなにはめちゃくちゃ感謝してる。
いい人たちに出会ってかけがえのない仲間に出会えた。

 

さあ、ここからは世界一周に向けての準備やらブログ公開への準備に追われる毎日が始まる。

世界一周をする上で、とりあえず『にほんブログ村』の世界一周のカテゴリーに参加して日本一を目指します!!
ブログ初心者の自分がTOP100に入ることすらめちゃくちゃ難しいと思うけど、やってやる。挑戦しないことには何も始まらない

絶対1位になってやる!!

 

 

では、簡単ではありますが、こんな人生を送って今のつるりんに至ります。

 

これから世界一周までの準備や海外や国内を旅する上での役に立つ情報など知りたい情報を記事にしていくので、今後ともつるりんをよろしくお願いします!!!!

長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ブログランキングに参加してます!
上の世界一周バナーを1日1回押してしていただけると、ブログランキングが上がります。

ランキング1位を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします!!(^○^)

 


人気ブログランキング

こちらも1日1回押していただけると嬉しいです!!

 

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でつるりんをフォローしよう!

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

掲載企業

Translation

最新記事をメールでお知らせ!!

メールアドレスを入力してポチッと押せば、最新記事をいち早くお知らせします(^○^)【うざくなったら、いつでも解除できるけん心配なさらず!!!!!!!】

QR Code

アーカイブ

最新の記事

つるりんのTwitter




  1. エストニア -Estonia-

    極寒の真冬なのに窃盗事件発生!!さよなら俺のヒートテック…
  2. その他

    ロシアW杯の日本対ベルギーの試合を見て感じたこと。そして、今の思い……
  3. 韓国 -Korea-

    次に行く国が決定!!大量の世界遺産がある国へ。
  4. ラオス -Laos-

    壮絶なラオス〜カンボジアの大移動が終幕。最後は、死のドライブ待っていた。
  5. ラオス -Laos-

    世界遺産の街ルアンパバーン!!これのどこらへんが世界遺産??
PAGE TOP