ネパール -Nepal-

閲覧注意!世界遺産パシュパティナートへ。人の死を間近で見て何を感じ何を思う。

Pocket

 

どうもつるりん@tsururin1203です!

 

ブログではまだネパールですが、
現在中東のアラブ首長国連邦(UAE)に来てます!

 

・こんなに間近でみていいものなのか人の燃える姿を…

ネパール3日目!

 

今日は今までと違って一風変わった場所に行ってみる。

 

 

その名もパシュパティナート!!!

 

 

いく場所の説明は後からにします!
苦手な人は無理かも…

 

ネパールはタクシー安いけど、それ以上に
バスが安いけんまた地元の人が乗るバスに乗って行く!今日も朝から騒がしいカトマンズ…

 

本当に車もバイクも多い。

 

まずはビルマに教えてもらったバス停まで歩いて行くことに…

 

その前に朝食。NEW EVEREST MOMO CENTER中はこんな感じ。

開店前で準備中やったけんかなんか煙かった。笑で、メニューはモモだけ!!!

 

要するに完全にここはモモ専門店!
10個と5個があったけど、腹へっとったけん10個を注文!90ルピー(約90円)

ここのモモは昨日食べたの違ってソースが最初からかかっとった!

 

さっそく食べてみたけど、ソースにパクチーの香りがあって
パクチー苦手の俺としてはちょっときつかった…

 

そのせいかあんまり美味しく感じんやった…
昨日食べたモモの方が断然うまかった!笑地図見ながら歩いて行ってネパールにきて
初めての信号!!

 

 

そういえばネパール全く信号ない…

 

 

信号が珍しく写真撮るってどういうことや!?笑
歩いて行って歩道橋渡ったら上で服とか売りよった。笑

これまた日本じゃ見ないような光景。で、40分近くかかって教えてもらったバス停に来た!なぜかバス停の前に牛が寝とった。笑

 

で、このバス停で今日行くパシュパティナート行きのバス
探したけど、わからんで人に聞いたら

 

バスの乗務員
ここじゃない向こうだ!

みたいな素ぶりされてよーわからんやったけど指さされた方に歩く。

柵がえらい頑丈。

このバス停の横はキレイな公園になっとって
お金払わな使えん公園やった!

 

で、歩いて行ったら公園の横に大量のバスが集まっとる場所発見!!Purano (Old) Bus Park

 

つか、ここ30台以上のバスが止まっとって
どれがパシュパティナート行きか全くわからん…

 

 

とりあえず適当に人に聞きまくるしかない!!!

 

 

4人ぐらいに聞いて回って、最後に聞いた人が

おっちゃん
一緒に探してやるよ

ってなってやっと見つけた!ホント感謝しかない!

 

ありがとう、おっちゃん!完全に地元の人が乗るバスで俺みたいな外国人はゼロ…笑

 

てか、なぜかこの状況楽しんどる自分がおる!

 

バスは30分近く走ってパシュパティナートの近くで
声かけてくれて降りた!

 

20ルピー(約20円)

 

まじ安っ!!!笑で、降りた場所から地図見ながら歩く…5分ぐらいしたらそれっぽい場所に到着!最初入り口わからんで駐車場の方に行ってしまった…観光客も多く来るのか土産もあれば、ネパール人がお祈りとかに
使うようなものもたくさん売りよった!!

 

で、またそこらへんの人に入り口どこ?って聞いてやっとわかった。

 

ここ最初にみたとこやった…世界遺産パシュパティナート入ると広場みたいになっとって
まっすぐ進むとチケット売り場。ちょっとお高めの1,000ルピー(約1.000円)!!

入ったのはいいものの…どうやって目的の火葬場に行けるかわからずフラフラ。これかなーと思って聞いたら
これはヒンドゥー教専用の寺院の入り口で違った。

 

おい、どこやねん!
まじわからんがなーーー!で、最初の入り口を出て左に行くとこんな建物。あっとるかわからんけど進んでみると…

 

はい、ありましたー!で、ここ着いた瞬間に気づいたけど
左の方に以上に人が集まっとる…

 

なんやと思って見てみたら…ここでまさかの遺体が…相当有名なのかわからんやったけど
テレビ取材とかも来とったけんすごいことになっとった!

 

説明として、パシュパティナートは世界的にも珍しい
人の火葬が目の前でみることができて撮影も許可されとる場所。
人によったらそんなとこを写真、動画で納めるとか
不謹慎と思われるかもしれんけど、俺はこのブログを通して

 

リアルな世界をみんなに見てもらいたい

 

と思ってちゃんと撮ってきた。

 

てか、めっちゃたくさんの人がカメラで撮影してビデオ撮りよったし。で、この川はインドのガンジス川の支流でバグティ川

 

んーー

 

正直この川めっちゃ汚い…奥に見える煙は火葬中。中にもどんどん入れてそこらへんに
お祈りが終わった遺体がある。

火葬へ

火葬までの流れを説明すると
最初にお祈りをしてバグティ川の水で顔・足を清めた後に
身内の人がお別れの挨拶をし最後に、
薪の上に遺体を置いて5時間近くかけて灰にする。

 

 

最後は、神聖なバグティ川に全て流すそうです。
(骨も全て)

 

 

これがここでのやり方。そして、さっきお祈りされとった人が運ばれてきた。この人、元軍人で第二次世界大戦でも活躍して
ちょいちょいテレビにも出るような有名人だったらしい!

 

ここではまじでリアルな様子が見れて身内の人が
遺体に最後話しかけるとき、運ばれるときに
あまりの悲しさに人目を気にせず泣いとる人が多く見れた。そんな中俺は写真を撮ったり動画を撮ったりしたが、
これがパシュパティナートでのいつもの様子。

 

 

非常識かもしれんが…

 

 

場所を移動して火葬場へ。もうこれは何時間経ったかわからない。
中には人がいる。隣は、ちょうど今から遺体に火をつける瞬間。あまりにもリアルすぎる。奥にある、1つだけ派手に飾られとるのはさっきの元軍人

 

すごい光景だった、とにかく言葉にならんかった。
知らん人ではあるが、人が目の前で焼かれる姿。

 

思ったが、人をこの距離で焼いとったけど変な匂いとかなんもなかった。
別に普通。

 

俺はこのパシュパティナートにきて
生と死はそんなに距離がないように感じた。
1m目の前に遺体がある。
だけど別に嫌な感じもなく俺の気持ちは普通だった。

 

人は生まれた瞬間から死というもの向かっていく。
その事実は変わらない。

 

ただその生きてる間で何をするかが1番重要だと思う。

 

前世も来世もない!
人は生きてる間が全て。帰ろうとしたら仙人みたいな人おった。笑

 

今日も記事が長くなったけん続きは、次回の記事で!

 

次回:パシュパティナートを後に向かった先は、
世界最大の仏塔(ストゥーパ)があるボダナートへ!
帰りのバスがどこで乗れかわからず悪戦苦闘…

 

 

 

・ネパールでの気づき、思ったこと

 

・そこらへんにゴミ捨てとるけんハエ飛びまくり
ネパールに信号はほぼない
・ネパール人英語通じる
バスに統一感ない。バラバラ
・バスはクーラーないけんばり暑い

 

 

 

・今日のひとこと

人はいつどこで死ぬかわからない。
だからこそ、今という瞬間を何よりも大事にすべき

 

 

 

NEW EVEREST MOMO CENTERとPurano Bus Parkとパシュパティナートの詳細地図

 

NEW EVEREST MOMO CENTER

 

Purano (Old) Bus Park

 
 
 
パシュパティナート
 

 

 

・世界一周バナー

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


世界一周ブログランキングに参加してます!
上の世界一周バナーを1日1回押してしていただけると、ブログランキングが上がります。
ランキング1位を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします!!(^○^)

 


人気ブログランキング

こちらも1日1回押していただけると嬉しいです!!

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でつるりんをフォローしよう!

Pocket

関連記事

  1. ネパール -Nepal-

    カトマンズへ地獄の8時間半のバス移動が始まる。もう死ぬ…そして、絆へ。

    どうも、現在日本にいるときは名前しか知らなかったア…

  2. ネパール -Nepal-

    ポカラで1個20円のパンと日本のお寺を見に日帰りトレッキングへゴー!

    最近無性に焼肉が食べたくてたまらないつるりん(@t…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

掲載企業

Translation

最新記事をメールでお知らせ!!

メールアドレスを入力してポチッと押せば、最新記事をいち早くお知らせします(^○^)【うざくなったら、いつでも解除できるけん心配なさらず!!!!!!!】

QR Code

アーカイブ

最新の記事

つるりんのTwitter




  1. ベトナム -Vietnam-

    フエから街が世界遺産のホイアンへ。美味しいホイアン料理に大満足!!
  2. 中国 -China-

    中国・南寧からベトナム・ハノイへのバスでの行き方【陸路での国境越え】
  3. 韓国 -Korea-

    大邱を脱出!!しかし、ただではいかないソウル行き…。
  4. ブルネイ-Brunei-

    前編!謎の国ブルネイ共和国に到着。一睡もせず市内観光ツアーに参加した結果R…
  5. 世界一周への準備

    【前編】世界一周を中断して気づいた…持っていってよかった持ち物5選!…
PAGE TOP